知能ソフトウェア研究室

人工知能とは

 コンピュータの扱う情報の種類は,当初の数値文字から始まり,画像音声映像と多様化してきました.これからは,知識を取り扱う知能的な機能や応用を中心に発展すると考えられています.

 そのための基盤技術が人工知能です.細かな指示を与えなくても,大まかな制約条件目標を与えれば,環境にうまく適合して,自律的かつ合理的意思決定し,適切に行動するようなシステム(エージェント)の設計方法が研究の中心です.また,行動結果の評価に基づき,今後の意思決定方法を変えて自らを進化させる学習の機能も特徴的です.

 これからの人工知能は,人間の認知に関する数理モデルのほか,ソフトウェア技術メディア技術ネットワーク技術などを結び付ける総合技術として発展するでしょう.そして,人々の知的活動やコミュニケーションを支えるエンタープライズ系のソフトウェアシステムや,知的工業製品の中核を占める組込み系のコンポーネントを供給する最も先端的な情報技術として産業を支えていくことになるでしょう.


トップページに戻る

〒060-0814 札幌市北区北14条西9丁目 TEL 011-706-6815 FAX: 011-706-7831
© Laboratory of Intelligent Software, Hokkaido University All Rights Reserved.